おすすめ教材

TOEFL全般

・ETS公式問題集

 TOEFLを開発したETSは問題集を3冊出版しています。TOEFL試験の内容を理解し、出題形式に慣れる上では、公式問題集に勝るテキストはありません。

・TOEFL公式問題集(英語版) <おすすめ度>★★★★★

【内容】

・リーディングセクションを演習問題(6題)

・リスニングセクション演習問題(5題)

・スピーキングセクションサンプル問題(6題)

・ライティングセクションサンプル問題(2題)

・TOEFL iBTテスト過去問によるテスト3回分

・TOEFL過去問集1 <おすすめ度>★★★★★

【内容】

・TOEFL iBTテストと同形式の、実際に過去に使用されたテスト5回分

・リスニング、スピーキング、ライティングセクションの音声部分のスクリプト付き

・リーディング、リスニングセクションの回答とスピーキング、ライティングセクション解答のポイント解説

・TOEFL過去問集2 <おすすめ度>★★★★★

【内容】

・TOEFL iBTテストと同形式の、実際に過去に使用されたテスト5回分

・リスニング、スピーキング、ライティングセクションの音声部分のスクリプト付き

・リーディング、リスニングセクションの回答とスピーキング、ライティングセクション解答のポイント解説

・TPO (TOEFL Practice Online) <おすすめ度>★★★★☆

費用がやや高いですがETS公式問題を本番と同じ環境で取り組めるため非常に有用です。

リンクはこちら

・中国TPO <おすすめ度>★★★★☆

出所がグレーのためおすすめ度を1つ下げていますが、本試験と同様のクオリティーの試験を、本試験と全く同じ環境(PC画面)で受けることができます。これ以上ないTOEFL iBT試験対策といえます。利用方法はこちらの記事こちらの記事に詳しく記載されていましたので、自己責任でご利用ください。

リーディング対策

・iBT対応 TOEFLテスト完全攻略リーディング <おすすめ度>★★★★☆

とりあえず問題をこなしたい方やリーディングセクションに慣れたい初学者の方にお勧めです。

リスニング対策

・iBT対応 TOEFLテスト完全攻略リーディング <おすすめ度>★★★★☆

とりあえず問題をこなしたい方やリスニングセクションに慣れたい初学者の方にお勧めです。

・NHK語学プレーヤー <おすすめ度>★★★★★

リスニング学習に最適のアプリです。スマートフォンでApp StoreやGoogle Playからダウンロードでき、お持ちのリスニング音声データをアプリにインストールすることで利用できます。速度調整やリピート機能、2秒巻き戻し機能など、リスニングの勉強のためにあったらいいなという機能がふんだんに盛り込まれています。 使い方の詳細はこちらの記事に詳しく記載されていますので参照ください。

・Hackers TOEFL Listening  <おすすめ度>★★★★★

リスニング教材としてうってつけの難易度と問題量です。韓国の本のため解説が韓国語ですが、英文スクリプトがついているので自己学習で問題なく使用可能です。

スピーキング対策

・レアジョブ <おすすめ度>★★★★☆

直接Speaking セクション対策というわけではないですが、「とりあえずしゃべる」という日本人が日常ではなかなか得られない経験を反復することで、TOEFL本番で気後れして何もしゃべれなくなってしまうという事態を避けることができます。また、Speaking セクション用に作ったストーリーテンプレートがちゃんと通じるかを講師にぶつけてみるのもおススメです。


・あいうえおフォニックス <おすすめ度>★★★★☆

Speaking 対策であるとも言えますし、Listening対策であると言うこともできます。直接的にスコア向上に寄与するわけではないですが、このYoutubeは発音についてかなり深く勉強することができますので、発音について疑問を持った際に調べる元として有用です。このユーチューブのシリーズは動画の見た目以上に理解に役に立つと思います。

ライティング対策

・Grammerly <おすすめ度>★★★★☆

英文校正サービス。無料プランでも基本的な文法事項の間違いについて指摘してくれるため、ライティング学習を独学で行いたい方にはうってつけのサービスです。必ずしもすべての文法事項を指摘してくれるわけではないですが、ディープラーニングによって文書校正アルゴリズムを常に更新しているため、今後のサービス品質の向上が期待できます。

英単語

・TOEFLテスト英単語3800

TOEFLは主に留学生向けのテストですので、アカデミックな内容に対応できるだけの語彙力が必要になります。当単語帳はTOEFL業界で最も有名なもので、レベル分けされています。高得点狙いの方はレベル3までは覚えるようにしましょう。