(TED)創造的になるには散歩をすべし!

外国の大学に留学したり、ビジネススクールに留学してMBAを取得することを目的にTOEFLの英語を勉強されている方は多いでしょう。


大学やビジネススクールで求められるのは、ケーススタディによる従来の知識の習得だけでなく、じつは創造的な思考です。


社会における新たな問題を解決することが常に求められるからです。


では、創造的な思考をするにはどうすればよいのでしょうか?


実践的な解決策はいろいろと提案されていますが、ご紹介する以下の動画は非常に簡単なひとつの解決策を提案しています。


【マリリー・オペッゾ: もっと創造的になりたいなら散歩に出よう】

プレゼンターのマリリーが主張するのは、散歩することが創造性を高めるというシンプルな実験結果です。


創造性を定量的に測定するため、実験では日常的な物の別の使い道をできるだけ多く考えることを課しました。ここでは、鍵をドアを開ける以外の何に使うか?をテストに用いたようです。


そして、ブレインストーミング(アイディア出し)をするまえに、散歩したグループと何もしていないグループとで比較しました。散歩と言っても、窓のない部屋でルームランナーで歩いただけです!ところが、散歩したグループは、思いついたアイディアの数が2倍になったのです。すごいことですね~


この結果から、マリリーは以下のことを主張します。


"So the implication of this is that you should go for a walk before your next big meeting and just start brainstorming right away."

(つまり次の重要会議の前には散歩に出るべきだということです ブレインストーミングはその直後に始めましょう)


重要な会議の前にのんびり散歩している人はあまり見たことがないですが…。


言われてみればたしかに、散歩するといいアイディアを思いつくという話は、どこかで聞いたことはありますよね。作曲家のベートーヴェンがよく散歩していたという話や、発明家が散歩中に大発見をひらめいたというエピソードは聞き覚えがあるものです。


というわけで、たくさん散歩をしましょう!

TOEFLCAMP

高品質のTOEFL iBT対策講座をオンラインで提供します。 TEOFLCAMPの授業はPC・iPhone・iPadで受講できます。いつでもどこでも受講可能なTOEFLCAMPで、自分の生活スタイルに合わせて効率よく学習しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000