(TED) 学校教育は創造性を殺している?

海外留学を目標にTOEFL英語の勉強をがんばっておられると思います。

学位やMBAを取得し、晴れて大学やビジネススクールを卒業すれば、現実の社会で新たな問題への解決が求められるでしょう。


そのときに私たちの助けとなってくれるのが創造性です。

創造性は人間にのみ備わっているとされており、それによって人類の文明社会はこんにちまで発展してきました。近代に始まった学校教育はもともとそのような社会の要請に応えるためのものです。


でも、現実の学校がそうではないとしたら、これは大問題です。

プレゼンターのケン・ロビンソンは以下の動画でそのような可能性を指摘します。

【ケン・ロビンソン:学校教育は創造性を殺してしまっている】

“What TED celebrates is the gift of the human imagination. We have to be careful now that we use this gift wisely, and that we avert some of the scenarios that we've talked about. And the only way we'll do it is by seeing our creative capacities for the richness they are and seeing our children for the hope that they are. And our task is to educate their whole being, so they can face this future. By the way -- we may not see this future, but they will.”

(TEDが称賛するのは人間の持つイマジネーションという宝物です いかにこの天賦を賢く活用するか考えなくてはなりません。想定されたシナリオを回避するために 私たちに残された唯一の方法は 人間の限りない創造性が 私たちの生を豊かにすることを知り 子供たちが未来の希望であると認識することです 子供をあるがままに育てなくてはいけません 私たちが未来を見ることはないかもしれませんが 子供は未来を生きていくのです。)


本来持って生まれたはずの創造性が、学校教育によって失われてしまうということです。

公教育はいかにあるべきかという問いに気づかせてくれる動画でした。

TOEFLCAMP

高品質のTOEFL iBT対策講座をオンラインで提供します。 TEOFLCAMPの授業はPC・iPhone・iPadで受講できます。いつでもどこでも受講可能なTOEFLCAMPで、自分の生活スタイルに合わせて効率よく学習しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000