(TED)先延ばしにすること

人間は先延ばしが大好きな生き物です。


英語の勉強だけでなく、朝起きること、掃除・洗濯などの習慣、講義のレポート提出などやらなければならないことをつい先延ばしにしがちです。さらに重症なら、会議や待ち合わせに間に合うことや、寝ることや食べることすら面倒なのかもしれません。


ご紹介する動画のプレゼンター、ティム・アーバンはそういった人たちに特有の症候群をProcrastinator(先延ばし魔)と名付け、どういった対処が必要になってくるかを解説しています。


【ティム・アーバン:先延ばし魔の頭の中はどうなっているか】

ティムは自身の卒業論文提出の経験をまじえ、先延ばし癖を分析します。

ティムによれば、先延ばしは頭の中にいる「パニック・モンスター」の仕業だといいます。

ユーモアたっぷりで面白いスピーチです。


この動画で秀逸なのは、プレゼンテーションの最後に登場する”人生カレンダー”というものです。

“That's one box for every week of a 90-year life. That's not that many boxes, especially since we've already used a bunch of those. So I think we need to all take a long, hard look at that calendar. We need to think about what we're really procrastinating on, because everyone is procrastinating on something in life.”

(それぞれの箱は 90年の人生における 各週にあたります そんなに沢山ある わけではありません おまけに私たちはもう かなり使っていますから 私たちはみんな このカレンダーを じっくり眺めてみるべきだと思います 自分が本当に先延ばし していることは何なのか 誰でも何かは先延ばし しているはずだからです)


先延ばししていたのは、じつは「人生」だったというオチでした。言葉では伝わりづらいので、ぜひ実際の動画を見てくださいね。


先延ばしすることで、大学留学やMBA留学が遠のいてしまったら本末転倒です。ちなみにですが、procrastinate という単語は意外と留学時に聞いた言葉なので、覚えておくといいと思います。


疲れてきたらこの動画を定期的に観て、TOEFLの勉強は先延ばししないようにしましょう!

TOEFLCAMP

高品質のTOEFL iBT対策講座をオンラインで提供します。 TEOFLCAMPの授業はPC・iPhone・iPadで受講できます。いつでもどこでも受講可能なTOEFLCAMPで、自分の生活スタイルに合わせて効率よく学習しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000