(TED)貨幣の未来

留学をすれば、さまざまな分野について学ぶことになります。


MBA取得のためのビジネススクールや大学の講義、そしてTOEFL英語でも頻出なのは、ビジネスや経済分野の問題です。


国家や企業の経済を支えているのは言わずもがな、貨幣の流通です。私たちの文明社会は有史以来、貨幣経済を基盤として強く発展してきました。


貨幣といういわばフィクションへの信用を相互に共有することで、資本主義経済の基盤が維持されてきたわけです。


従来、貨幣とは有形の物質でしたが、デジタル技術の発展により、無形の貨幣すなわち仮想通貨を流通させることが可能になりました。


デジタル通貨の研究家であるネーハ・ナルラは、以下の動画のプレゼンターです。


【ネーハ・ナルラ:貨幣の未来】

これまでのシステムでは、銀行間の送金や海外送金には手数料がかかり、とても不便な仕組みでした。デジタル通貨はこの問題を解決します。


デジタル通貨の核となるのは、ブロックチェーンと呼ばれる分散型ネットワークの技術です。この高度な暗号技術によって、第三者による取引記録の改ざんを防ぎ、安全性が担保される仕組みです。これにより、仮想通貨は中央政府や銀行の管理が一切不要になります。


ネーハはこの通貨革命を”お金の民主化”と巧みに表現します。

”With programmable money, we decouple the need for large, trusted institutions from the architecture of the network. And this pushes innovation in money out to the edges, where it belongs. Programmable money democratizes money.”

(プログラム可能な貨幣により 信用力のある主要銀行の必要性を ネットワークの仕組みから 切り離します このことが 貨幣の改革を 最前線へと進めていきます プログラム可能な貨幣は 貨幣を民主的にします)


こうして貨幣の民主化が進めば、人々はより自由に少額決済や投資が出来るようになり、経済活動はより促進されることでしょう。


留学を目指すみなさんにとっては何よりも、海外送金の際にとても便利です。

また、MBAでは仮想通貨やブロックチェーン関連のビジネスサークルもあったりするので、興味のある方は参加されるといいと思います。


デジタル通貨が当たり前の時代が早く到来してほしいものですね。

TOEFLCAMP

高品質のTOEFL iBT対策講座をオンラインで提供します。 TEOFLCAMPの授業はPC・iPhone・iPadで受講できます。いつでもどこでも受講可能なTOEFLCAMPで、自分の生活スタイルに合わせて効率よく学習しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000