(TED)身近な人間関係を大切に

みなさんは海外留学して大学で学位やMBAを取得するために、TOEFL英語を勉強されていると思います。その先にあるものはなんですか?


お金持ちや有名人になるため、そういった回答は少なくないでしょう。


でも、そのような目的は全て、自分自身が幸せになるための手段に過ぎません。


実際、世の中ではお金も名声も手に入れたにもかかわらず、全く幸福そうに見えない人たちをたくさん見かけます。


本当の意味で幸せになるためにはどうしたら良いのでしょうか?

この疑問に答えるため、ロバート・ウォールディンガーは以下の動画で興味深い調査を紹介しています。


【ロバート・ウォールディンガー:人生を幸せにするのは何? 最も長期に渡る幸福の研究から】

その調査とは、ハーバード大学で1938年以来75年間続いた幸福度に関する調査です。その多くは現在90代になっている724人の男性に対し、10代の頃から追跡調査を行いました。どのような因子が幸福度に高く関与しているかを調べたものです。


その結果、分かったことは人間関係がその人の身体の健康や幸福度に大きく関係するという事実でした。具体的には、身近な人達との関係の質が大事で、孤独は良くないということです。


ロバートは、作家マーク・トウェインの言葉をひいてこのスピーチを締めています。


”More than a century ago, he was looking back on his life, and he wrote this: "There isn't time, so brief is life, for bickerings, apologies, heartburnings, callings to account. There is only time for loving, and but an instant, so to speak, for that."”

(一世紀以上むかし 彼は人生を振り返り こう書きました 「かくも短い人生に 諍い 謝罪し 傷心し 責任を追及している時間などない 愛し合う為の時間しかない それが例え一瞬にすぎなくとも」 )


自己実現を目指しながらも、同時に人生が実りある豊かなものになるよう、身近な人間関係を大事に過ごしましょう!

TOEFLCAMP

高品質のTOEFL iBT対策講座をオンラインで提供します。 TEOFLCAMPの授業はPC・iPhone・iPadで受講できます。いつでもどこでも受講可能なTOEFLCAMPで、自分の生活スタイルに合わせて効率よく学習しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000