単語力の重要性

TOEFLにおいては単語力は全セクション共通して非常に重要です。



高得点(90や100点超)を目指す方は、下記の本の必ずLevel 3 までは覚えましょう。



ただ、単語帳をひたすらやっても、やはり実践がないと文章の聞き取りや読み書きの中で瞬時に単語を理解したり使用することは難しいです。



単語帳⇔実践の往復が最も早い単語習得の鍵です。



Listeningセクションにおいては、大学生活特有の単語というものが存在し、会話形式でよく出題されます。independent studyや、meal plan等がこれに当たります (知らない方はググってみましょう!)。



こういった学生生活でよく使われる単語は単語集ではカバーしきれないため、授業や自習で解いた問題から出てきた単語をせっせと覚えていきましょう!



このような、留学すると割と当たり前の日常用語だが、日本でしか今まで暮らしてこなかったいわゆる純ドメの皆様からすると、大学受験でも学んでこなかったような、何それ?とお思ってしまうような単語がたくさん登場してきますよね。



また、復習の際に知らなかった全ての単語を覚える必要があるのかという疑問がわくことも多いかと思います。



例えば「Brutalism・・??? え、こんな謎単語覚える必要があるのか・・・?」という場面ですね。



おススメの方針ですが、

日本語訳を見たときに全く知らないという単語はいったんふーん程度に復習し、暗記のための作業はしなくてOKです。



ただ、その単語が複数回出てきた場合は覚えるべきですので覚えましょう!



もはや単語は筋トレだと思って毎日やるしかないです!やり続ければ、いつの間にか語彙力がアップしています!


では今日も勉強がんばりましょう!


TOEFLCAMP

高品質のTOEFL iBT対策講座をオンラインで提供します。 TEOFLCAMPの授業はPC・iPhone・iPadで受講できます。いつでもどこでも受講可能なTOEFLCAMPで、自分の生活スタイルに合わせて効率よく学習しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000