TOEFLで求められる文法力

TOEFL iBT Reading や Listening セクションで文法問題は聞かれるでしょうか??



答えはNoです。TOEFLでは文法事項が問題として聞かれることはまずありません。



ではTOEFL試験において文法力はどのくらい必要なのでしょうか??



基礎的な文法力があれば、TOEFLで出題される文章は読めますし聞こえます。



この、”基礎的な”という部分ですが、これは日本の難関大学入試の英文和訳問題で求められるような文法知識は必要ないという点です。関係代名詞や分詞構文など基本的な文法事項について理解が十分であればTOEFL試験対策としては問題ありません。



ではTOEFL受験対策としてどのように文法を学習すべきでしょうか??



シンプルですが、復習の度に文章の構造がわからないものについては文法書等を利用して自分で調べてみることをお勧めします。



「文法力が全然足りないや・・・・そうだ!文法書を最初のページから読もう!」という考えを持つ方もいると思いますが、これはあまりお勧めしません。あまりTOEFLに必要でないマイナーな文法事項も多く含まれていますし、何より真に理解するためには実践と学習を繰り返す必要があるからです。



ただ、英語学習自体がほとんど初めてだったり、中学高校等で全く英語を勉強してこなかったけど、急に留学を目指したくなった方などについては、中学生用の薄い文法書を買って読んでも大丈夫です。



単語も文法も同じですが、学習して実践して、「まえやったはずなのにまだ身についていなくて悔しい・・」と思ってまた復習する、というサイクルを何度も繰り返してやっと自分の身についてきます。



復習の際に使用する文法書については何でもよいと思います。中学高校生の時に使っていたものでも構いません。



今回は文法力についてでした。

引き続き学習を頑張っていきましょう!!










TOEFLCAMP

高品質のTOEFL iBT対策講座をオンラインで提供します。 TEOFLCAMPの授業はPC・iPhone・iPadで受講できます。いつでもどこでも受講可能なTOEFLCAMPで、自分の生活スタイルに合わせて効率よく学習しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000