TOEFLの点数を3週間で10点上げる勉強法


こんにちは、TOEFLCAMPスタッフのしゅうです。



この記事を読んでいる方の多くは、短い期間でTOEFLの点数を大幅に上昇させたい方、だと思います。



私も大学在学時に、アメリカへの交換留学を目指しておりましたが、1ヶ月という短い間にTOEFLの点数を10点上げないと留学できない、という状態を経験しました。



当時、85点のスコアを持っていたのですが、所属している大学に、アメリカに留学をしたいなら1ヶ月以内に95点までスコアをあげなさいと言われたのです。



今思うとかなり厳しい要求でしたが、留学に行く最後のチャンスだったため、簡単に諦めることができず、1ヶ月間本気でTOEFLの勉強をすることを決意しました。



その結果、1ヶ月の間に今からご紹介させていただく勉強法を実践し、約3週間で85点から95点にスコアを10点上げることができました。



そして、志望していたアメリカの大学に1年間の留学を決めることができ、アメリカにおいて有意義な留学を送ることができました。



今、この記事を読んでいる方の多くはどうやってスコアを3週間で10点上げることが気になっていると思います。



そこで今回は、短期間で点数が大幅にアップする勉強法を私の実体験とともにご紹介させていただきます!




【短期間でTOEFLのスコアを大幅にアップする勉強法】


① 自分の目標とする点数を決め、Reading / Listening / Speaking / Writing の各項目で必要な点数を決める。


② 自分の目標の点数と自分の保持しているスコアの比較をする。


③ 比較した結果をもとに、各項目ごとに何を改善したら必要な点数を達成できるかを分析する。


④ 分析結果を基に、オススメする教材を勉強する。



以上です。



非常に簡単そうに見えますが、意外と行動に移してみると難しいので、一つ一つ詳しく説明していきます。



①自分の目標とする点数を決め、Reading / Listening / Speaking / Writing の各項目で必要な点数を決める。



短期間で点数をアップさせたい時には、まず、4科目合計での目標の点数を決めます。これは、志望する大学が求める最低限のスコアなど自分が欲しいスコアが基準になると思います。



そして、その目標の点数を達成するためには、Reading(R) / Listening(L) / Speaking(S) / Writing(W)のそれぞれで何点が必要かを現実的に求めます



私のような海外経験のない日本人の場合は、一般的に、ReadingやWritingで点数が取りやすい傾向があり、Speakingは23点以上は取りにくいと言われているので、自分に合う現実的な必要なスコアを求めます。(TOEFLCAMPがおすすめするスコア戦略に関してはこちらを参照下さい!)



私の場合、目標点数の4科目合計は自分の志望大学が求める95点に設定しました。



そして、95点を達成するためには、それぞれの科目で何点必要か分解し、R25~26点、L24~25点、S20~21点、W25~26点と求め、合計94~97点の範囲に収まるように各科目で点数を取ることを目標としました。



この作業が②の「自分の目標の点数と自分の保持しているスコアの比較をする」に繋がっていきます。



② 自分の目標の点数と自分の保持しているスコアの比較をする



①で決めた各科目の目標点数と、自分の保有している点数を比較します



具体的には、Rで◯点必要で、Lでは◯点足らず、Sでは◯点アップして、Wでは◯点あげる必要性があると認識します



私の場合、現在の点数が85点で、R24点、L20点、S18点、W23点だったので、目標とする95点を達成するためには、Rで1~2点、Lで4~5点、Sで2~3点、Wは2~3点あげる必要性があると認識できました。



このステップが③の今後の戦略を練る際に非常に参考になります。



③ 比較した結果をもとに、各項目ごとに何を改善したら必要な点数を達成できるかを分析する。



このステップが非常に大事です!



②の段階で、各科目毎にそれぞれ何点アップすれば目標となる点数を達成できるかが認識できたと思います。



このステップでは、何をしたら、各科目毎のあげたい点数をアップできるか?について分析をします。



そのためには、①Whyと②Howを繰り返し自分に問いていく必要があります。



まず初めに、各科目ごとに「なぜ、前回のテストでは今目標としている点数を達成できなかったのか?」について自分に問いかけてみてください。



Readingだったら、時間が足らなくて全問解くことができなかったのが原因かもしれませんし、単語不足で内容が理解できなかったのが原因かもしれません。



Listeningでは、途中途中で出てくる固有名詞を聞き取れず、途中で理解が追いつかなくなったのが原因かもしれないですし、発音がわかっていなかったから、そもそもListeningの単語1つ1つが聞けなかったのかもしれません。また、1つ1つ聞けなかった原因として、発音がわかっていなかったのかもしれません。



Speakingでは、時間が足らず言いたいことを言い切れなかったのが原因かもしれないですし、Listeningで聞いた内容が正確ではなく、点数が思うように上がらなかったのかもしれません。



Writingでは、ロジックがうまくできていないことが原因かもしれませんし、聞き取りが正確ではなかったのかもしれません。



このように、各科目ごとになぜダメだったのかを分析してみてください!



そして、そのなぜダメだったかを基に、どうしたら次は点数をアップできるか、どんな勉強法をしたら点数向上に役立つかを考えてみてください



Readingで、時間が足りないことが原因で点数が低い人がいれば、各段落の1行目だけを読んで問題に向かい、後から必要になる文章を探すと時間短縮に繋がると考え、この方法で勉強をしてみると良いでしょう。



Listeningで、単語1つ1つが聞こえない(文字でみたら分かるのに)人がいたら、単語の発音を勉強したら理解できるかもしれません。



Speakingでは、時間が足らずに、自分が考えていることが時間内に説明できなかったことが原因で点数が上がらない人がいたら、短めのテンプレートを使って、そのテンプレートを早く言える練習をしたら点数が上がる可能性があります。



Writingでロジックが通っていない文章を書いてしまう人がいるならば、書いている途中に一度見直して、文と文のつながりがおかしくないか確認をして、繋がっていなさそうならば、修正することで点数をあげることができると思います。



このように、なぜ前回点数が低かったのかを自分に問い、それを基にどのようにしたら点数が上がるのか、どのような勉強法をしたら良いのかを考えることが非常に重要です!



私の場合、



Readingでは、点数が低かった原因として、難しい学問のお題(例えば、ChemistryやAstronomyなど)の時に、単語が理解できず、点数が低かったということを認識できたので、難しい学問の単語を覚える時間を1日1時間作ることによって改善しようと思いました。

結果として、3週間で24点から26点に点数を上昇させることができました。



Listeningは、目標の点数と現在の点数の差が一番大きく、多くの時間を使うことを決めました。そして、点数が低かった原因として、Listeningの講義問題の際の、教授が最初に説明している固有名詞が分からず、最後まで内容を理解できないことが原因で点数が上がらないことがわかりました。そして、最初に出てくる固有名詞を理解するために、単語と発音の勉強に並行して、どのような時に重要な言葉の説明を教授がしてくるか、などを考えながら学習し、Listening音源の最初の1分だけを何度もシャドーウィングすることによって、理解度をあげることができ、3週間で20点から24点と4点も向上させることができました。



Speakingでは、Listeningでの理解度が足らなかったため、話す内容が問われている問題と一致していないことが多かったため、Listeningの勉強と同時に、それを説明するSpeakingの練習も入れ、3週間で18点から20点まであげることができました。



Writingでは、文と文のつながりができておらず、途中で1文飛ばしてない??と思われることが多かったことと、文字数が純粋に足りないことが原因でした。そこで、毎回Writingの練習をする時に、文のつながりがおかしくないか、を途中で見返して、修正することと、帰国生の友達に毎回見せることで、文章での使い方がおかしい単語などを教えてもらい、それを早いスピードでアウトプットする練習をしました。その結果、23点から25点にあげることができました。



このように、短期間で大幅なスコアアップを実現させました。



④ 分析結果を基に、オススメする教材を勉強する。



最後に、大事なのは、③で分析したことを改善するために、実践をすることです。



実際に勉強をしている時にも、なぜ、この問題を解けなかったのか、なんの能力が足らずに解けなかったかを分析し、どのような勉強をすれば良いのかを考えることが重要です。



そこで、多くの問題を解くためのテキストをこの記事で紹介しているので是非見てみてください!



最後に



TOEFLの勉強では、短期間で大幅に点数を上昇させないといけない時期があると思います。



その際には、闇雲に勉強をするだけではなく、ご紹介したように、なぜダメなのか、どうしたら良いのかということを常に問い続けながら勉強をすると目標の点数を達成できると確信しております。



ぜひ、皆さんも短期間で点数をあげるためにこの方法を実践してみてください!


TOEFLCAMP

高品質のTOEFL iBT対策講座をオンラインで提供します。 TEOFLCAMPの授業はPC・iPhone・iPadで受講できます。いつでもどこでも受講可能なTOEFLCAMPで、自分の生活スタイルに合わせて効率よく学習しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000