(TED) 上手に会話する10の方法

当たり前ですが、TOEFL英語の勉強にはリーディングやリスニングだけでなく、スピーキングも含まれています。実際に他人とうまく会話することは留学先の生活でもとても大切なことです。


また、大学院やビジネススクールでは、他人の質問をよく理解したうえで適切に会話することが求められます。日本語であれ、英語であれ、どこへいっても巧みに会話する技術は欠かせないものでしょう。


何十年もラジオのホストを勤めるセレステ・ヘッドリーは以下の動画で上手に会話する方法について指南しています。


【セレステ・ヘッドリー 上手に会話する10の方法】

まず、セレステは会話は重要なものであると定義し、21世紀におけるスキルの中で理路整然と自信を持って会話する能力より大切なものはないとまで言い切ります。


そのうえで、自らの長年のインタビュアーの経験をもとに、”ながら”会話をしない、話の流れを折らない、一方的に話さない、長話をしない、話の広がるような質問をする、相手の話をよく聞く、細かいことを気にしない、など実践的な会話のテクニックを次々と披露します。基本的なことですがどれも大切なテクニックです。


たくさんのコツが登場しますが、覚えやすいように最後にこうまとめます。


“All of this boils down to the same basic concept, and it is this one: Be interested in other people.”(ここまで述べてきたことはすべて1つのことに要約できます「相手に興味を持つこと」 )


つまるところ、会話相手に興味をもつことが一番重要で、そのことで自然と良い会話になるとセレステは説きます。

”You do the same thing. Go out, talk to people, listen to people, and, most importantly, be prepared to be amazed.”

(みなさんも同じことをしてください 出かけていって 人と話し 耳を傾けること そして何より大切なのは 感心させられるのを期待することです )



人と会話するのが苦手な方にも響くアドバイスではないでしょうか。

大学院やビジネススクールに留学してからも役立つ心構えになると思います。

是非、英語でも実践してみましょう!

TOEFLCAMP - TOEFL iBTオンライン講座

高品質のTOEFL iBT対策講座をオンラインで提供します。 TEOFLCAMPの授業はPC・iPhone・iPadで受講できます。いつでもどこでも受講可能なTOEFLCAMPで、自分の生活スタイルに合わせて効率よく学習しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000