(TED) AIに圧倒されるのではなく、AIから力を得る方法

TOEFLの長文読解には宇宙や人間の知能に関するトピックも登場します。そうしたトピックに対応するには日頃から興味をもって話題に接し、自分なりの意見を持っておくことが大事です。


宇宙物理学者のマックス・テグマークは、昨今話題の人工知能の発達に好意的な考えを抱いています。



【マックス・テグマーク AIに圧倒されるのではなく、AIから力を得る方法】

マックスは138億年に及ぶ宇宙の歴史を紐解き、最初の生命を「ライフ1.0」、人類を「ライフ2.0」、AIを「ライフ3.0」とそれぞれ位置づけたうえで、現在は「ライフ2.1」だとします。


AIはロケットのように人類の知能を推進するものだと捉え、将来の汎用人工知能は人類の様々な野望を実現すると夢想します。倫理的なリスク等は認めたうえで、友好的なAIが開発出来ればそれらのリスクを乗り越えられると考えます。



”Do you folks want the future that's politically right or left? Do you want beautiful beaches, forests and lakes, or would you prefer to rearrange some of those atoms with the computers, enabling virtual experiences? With friendly AI, we could simply build all of these societies and give people the freedom to choose which one they want to live in because we would no longer be limited by our intelligence, merely by the laws of physics.”

(皆さんは 政治的に右寄りの未来と 左寄りの未来なら どちらがいいですか? 綺麗なビーチや森や湖がいいですか? それともコンピューターで 原子を少し置き換えた バーチャル体験がいいですか? 友好的なAIがあれば どの社会でも作ることができ 人々にどの社会に住むかの 自由を与えることができます なぜなら 自分たちの知能に 縛られることはなくなるからです 制約は物理法則だけです)



かなり理想化された未来ですが、現実は大きな理想像があって初めて形になります。大学院やビジネススクールでは諸分野の理想をいかにして現実に落とし込むかが課題となるでしょう。

TOEFLCAMP - TOEFL iBTオンライン講座

高品質のTOEFL iBT対策講座をオンラインで提供します。 TEOFLCAMPの授業はPC・iPhone・iPadで受講できます。いつでもどこでも受講可能なTOEFLCAMPで、自分の生活スタイルに合わせて効率よく学習しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000