3カ月でTOEFL iBT 100点を突破するための学習法

こんにちは、スタッフのミケです。



忙しい方にとって、TOEFLの試験対策はなかなか時間がとれないものです。

また、「公式問題集をひたすら解く!」に飽きてしまった方もいるかもしれません。

ひと味違った角度から、TOEFL高得点を目指してみませんか?



この記事では、中~上級レベルの方が”3か月”という短い準備期間のなかでTOEFL100点を突破するための勉強方法についてご紹介します。私自身の経験や、周りの100点超えの方々からのヒアリング事項のまとめになります。

もちろんTOEFLCAMPの各コースは下記の要素もほぼカバーしています。こちらから各コースを参照ください。



では各セクションごとの対策をみていきましょう!



1. Reading

リーディングでは長文読解問題が出題されます。

制限時間は60分程で、3~4問のパッセージに対し各10問ずつ設問が提示されます。

注意したいのは「文章がアカデミックである」点です。

TOEFLは米国の大学などへの入学条件として使用される英語資格ですので「大学でも通用する学術的な英語力が大切」になります。

では、具体的にはどんな対策を行えば良いのでしょうか?



①問題文の全文和訳

市販の問題集を解く際、解き方にひと工夫加えます。

それは「解答後に問題文の全文和訳」を行うことです。「丸つけと解説を読めば充分でしょ?」という声も聞こえてきそうですが、それではその文章を「解きっぱなしにした」ことになりかねません。

ですので、1度目は制限時間(1問20分程)を設けて問題を解きます。

丸つけ後、2度目は制限時間なしで精読します。

すると、1度目は見過ごしていた小さな情報や文法が鮮明に見えてきます。ここで初めて、「自分はこの単語が拾えてなかったんだ!」や「ここはこういう意味だったんだ!」という風に骨組みが見えてくるのです。

このとき拾った単語は全て単語帳にまとめてください。

和訳は時間のかかる作業ですが、3カ月という短期間であるからこそ、「限られた数の文章とじっくり丁寧に向き合う」練習をしてください。

この練習こそがリーディング攻略の大きな手助けになります。

※本番を考慮し、必ず1度目はスピード重視で問題を解きましょう。また、参考書は必ず和訳つきのものを選ぶことをおすすめします。



②他の民間試験を活用する

また、英検やTOEICなど他の民間試験の利用も効果的です。

一例として、英検1級の長文読解を行う利点を挙げると、

・アカデミックな分野の知識の獲得(自然科学や歴史、国際問題などTOEFLでも頻出分野)

・TOEFLより難易度の高い問題への慣れ(本番では練習より得点が下がることも想定されるため)

といった効果が期待できます。

TOEFL100点以上を目指す方であれば、最低でも英検準1級以上が目安となります。

1週間に3問を目標として過去問を解いてみましょう(過去問は公式HPにて入手可能です!)。ただし、語彙に関してはTOEFL専用の参考書を使用することをお忘れなく。



【リーディングのポイント】

・問題文の全文和訳を行う(精読の実施)

・完全に覚えていない単語は全てまとめておく(語彙力の強化)

・他の民間試験の活用


TOEFLCAMPのTOEFL iBT Readingコースではより具体的な学習法や各問題のポイントを紹介していますので、是非ご覧ください。



2. Listening

オススメの対策方法は現在のリスニングレベルによって変わります。

まずは1度、TOEFL公式のリスニング問題を聴いてみてください。



①「速い!」と感じた方は…

ネット上で入手可能な教材を使用しましょう。

ニュースなら「NHK World English」、Podcastであれば「Luke’s English Podcast」などがおすすめです。日々のスキマ時間を最大限活用して様々なジャンルの英語に耳を慣らしてください。



②「スピードは問題ないが、とにかく長すぎる」と感じた方は…

英検(1級および準1級のPart1、Part2) のリスニング問題をおすすめします。

問題構成はTOEFLリスニングとの類似性が非常に高い反面、TOEFLに比べて格段に短いので「公式の問題に取り組む前に肩慣らししたい!」という方には良い練習になります。

※海外ドラマや映画を教材にする方もおられますが、スピードが速すぎたりくだけた表現が多すぎてTOEFL対策としては効果が薄いので注意してください。あくまで息抜きです!


その他のおススメ学習コンテンツはこちらを参照ください。

また、リスニングではメモを取ることが可能ですが、メモに集中するあまり肝心の「聴く」という行為がおざなりになっては本末転倒なので、ほどほどにとどめるのが無難です。



【リスニングのポイント】

・自分のレベルに合った副教材の活用(ニュース、Podcastなど)

・TOEFLと互換性の高い英検の活用(準1級以上)

・メモはキーワードのみ

・何よりも「毎日の継続」が鍵!


TOEFLCAMPのTOEFL iBT Listeningコースではより具体的な学習法や各問題のポイントを紹介していますので、是非ご覧ください。



3. Speaking

続いて、日本人が最も苦労するであろうスピーキングです。ポイントはずばり、

「英語で独り言をいう」

これに尽きます。

毎日、15分で構いません。

携帯の録音機能を使用して英語で独り言をぶつぶつ呟き録音してください。

トピックは過去問などからピックアップしてください(ライティングのトピックを使うのも効果的)。発音が完璧である必要はありませんが、音の強弱や聞き取りやすさ、そして話に一貫性があるかに注意を払いましょう。

録音した音声は繰り返し聞き、聞き取りにくい箇所と文法を細かくチェックしましょう。自分が使用したトピックをYouTubeで検索し、実際にネイティブがどのような単語を用いて話しているのかなどを参考にするやり方も効果的です。

なお、スピーキングは「Independent task」「Integrated task」の2部構成からなります。各設問の攻略法を以下に解説します。



①Independent taskの攻略法

ここでは定型文の暗記が役立ちます。

導入の言い回し(I agree/disagree with…など)から結論(Conclusion)への展開など、決まりきった基本表現を徹底的に頭に叩き込んでください。

また、トピックには個人的嗜好などを問うものも多いので、自分の好みなどについて話す表現(I would prefer…など)を用いて、意見をまとめる癖をつけておくと効果的でしょう。時間制限も厳しく、準備に15秒→実際に話す45秒なので、言いたいことを簡潔に伝える練習が大切です。

何よりまずは「自分の意見を述べる力」の強化に努めましょう!



②Integrated taskの攻略法

こちらは複合式の問題です。カギとなるのはリーディングとリスニングの内容を的確に掴み、要約(Summary)する力です。特にリスニングは1度しか聞けず、そこで必要情報を拾えないと大幅な減点対象となるので「必ずメモをとる」ようにしてください。



【スピーキングのポイント】

・独り言を録音する(毎日身近なトピックについて)

・Independent taskでは「定型文」や「基本表現」を記憶し活用する

・Integrated taskに必要な「情報を的確に要約する力」を身につける


TOEFLCAMPのTOEFL iBT Speaking ストラテジーブックでは、高得点をとるためのテンプレートやより詳細な学習法をカバーしておりますので是非ご覧ください。



4. Writing

スピーキング同様、「Integrated」「Independent」の2種類の問題が出題されます。

どちらも「過去問の分析」が重要です。

これにより、段落の構成方法や単語・文法のレベルを把握します。

すると徐々に「要求されている文章の構成」や「単語のレベル」が見えてきます。

もう一つ大切なのが「英借文」です。

「英作文は英借文」とよく言われるように、英作文のポイントは「お手本となる英文を頭の中にストックしておき、本番で適切な形に変換して使用する」ことです。

そのためにストックするべき情報こそ、過去問で使用されている模範解答なのです。

本来、ライティング技術は一朝一夕で身につくものではありません。

ですが、「拝借した文章をベースに本番のトピックに合うよう再構築する」という作業自体は練習を繰り返すことで確実に出来るようになります。

模範解答や参考書で使われる定型文をベースに、本番では自身の考えをプラスしたバランスの良い文章を目指しましょう。もちろん、高得点を目指すからには凡ミスをしないことも必須条件です。減点対象となるような文法ミスとは無縁のライティングを心がけましょう。



【ライティングのポイント】

・公式過去問の活用 (要求されている段落構成や単語の確認)

・定型文を頭にストックしておく (英借文!)

・減点対象となるような凡ミスをしない (時制や三人称のsなど)


TOEFLCAMPのTOEFL iBT Writing ストラテジーブックでは、高得点をとるためのテンプレートやより詳細な学習法をカバーしておりますので是非ご覧ください。



以上、「3カ月でTOEFL100点を突破するための学習法」をお届けしました。

これらの方法を活用して、是非短期間で目標スコアを達成してください!!

TOEFLCAMP - TOEFL iBTオンライン講座

高品質のTOEFL iBT対策講座をオンラインで提供します。 TEOFLCAMPの授業はPC・iPhone・iPadで受講できます。いつでもどこでも受講可能なTOEFLCAMPで、自分の生活スタイルに合わせて効率よく学習しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000