大学院の学費を調べてみよう!

こんにちは、TOEFLCAMP運営スタッフのミドリです。皆様、トーフルの準備などお疲れ様です。

さて、前回は大学院留学に果たしてどのくらいお金がかかるのかを調べてみましたが、結局の所、大学院の学費によって大分異なるということが分かりました



そこで今回、じゃあ実際にどんな風に大学院の学費を調べればいいのか?という点について、お伝えしたいと思います。



筆者の個人的に気を付けるべきポイントは以下の通りです。

なお、Tuition(授業料)やFee(費用)は分かりにくい場所に載っていることが多いので、プログラムのHPよりも、ググる方が速いと思います。



以下の点に気を付けて調べよう

  • 私立か公立か?(公立であれば、Nonresident Supplemental Tuition(市民以外が追加で支払う授業料)がかかるので要注意)
  • 自分の行きたいProgramを見ているか?
  • Unit毎に授業料は増える設定か?
  • Tuition(授業料)以外に支払うべきFeeも入っているか?



折角なので、具体的に以下の4つのプログラムの学費を見てみようと思います

  • University of California Los Angeles (UCLA) のMPP (Master of Public Policy)とMBA
  • University of Southern California (USC) のMPPとMBA



なお、UCLAのMPP以外は、筆者は通っていないので、推察になります。間違っていたらごめんなさい・・・!



UCLA のMPP (Master of Public Policy)

掲載場所:UCLA Registration’s Office

  • 公立なので、Nonresident Supplemental Tuitionが入っています。
  • UCLA MPPはUnit毎に増えるシステムではないので、授業をいくつとっても授業料は変わりません。
  • Tuition(授業料)以外に色々な費用が入っているのが分かります。Graduation Students Association Fee(生徒会費)、SPARC Fee (ジム維持費等)、Wooden Center Fee (リクリエーションセンター維持費等)などです。比較的良心的に網羅的に学費を列挙しています。



UCLA のMBA

掲載場所:UCLA Anderson School

  • 公立なので、これにNonresident Supplemental Tuitionが追加されると思います。
  • Program fees are billed on a per unit basisと書いてあるので、80Units以上授業を取ると、授業料が増える可能性があります。
  • 上記のMPPで見たTuition(授業料)以外の色々な費用が入っているか不明なので、これより増える可能性が高いと思います。



USC のMPP

掲載場所:USC Price School

  • 私立なので、Nonresident Supplemental Tuitionはありません。つまり、留学生もカリフォルニアの市民も同じ授業料です。
  • Tuitionの部分が、Year1は$1,863/unit×24unitsProgramで計算されているので、それ以上授業を取ると、授業料が増える可能性があります。
  • Mandatory Student Fees も入っているので、Feeは増えないと思われますが、Healthy Insuranceは入っていません。



USC のMBA

掲載場所:USC Marshall School

  • 私立なので、Nonresident Supplemental Tuitionはありません。
  • Tuitionの部分に具体的な記述がないので、授業料が増えるかはちょっと分かりませんね。
  • Fees も入っているので、Feeは増えないと思われます。Healthy Insuranceもちゃんと入っています。



上の例で、何となーく学費としてどんな費用がかかるのか、分かってきたと思います!そしてHPだけだと分からない場合もあることも判明しましたね(笑)



調べるのは大変だと思いますが、お金の問題は大切です。分からなかったら、在校生に聞くか、学校に問い合わせましょう。そんなことでは、合否は変わらないと思います。

スコアメイクも大変な中、大変だと思いますが、合格してから調べると時間がかかるので、是非事前に調べてみてくださいね。

TOEFLCAMP - TOEFL iBTオンライン講座

高品質のTOEFL iBT対策講座をオンラインで提供します。 TEOFLCAMPの授業はPC・iPhone・iPadで受講できます。いつでもどこでも受講可能なTOEFLCAMPで、自分の生活スタイルに合わせて効率よく学習しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000